苦手部分を徹底指導

学校の授業や、集団塾の授業というのは、先生や講師が1人に対して、大勢の生徒が対象として行われています。そのため、たとえば1人が授業内容をしっかりと理解することができなかったとしても、その他の生徒や定められたカリキュラムを優先して授業が進んでいってしまうため、理解できなかった生徒は置いてけぼりにされてしまいます。こうして、苦手分野がわからないまま、どんどん苦手になっていってしまうのです。
その点で、個人指導塾というのは、1人の講師に対して生徒が1人もしくは2人という体制で授業が行われるため、その生徒のペースに合わせて授業を進めていくことができます。たとえ1つの分野でつまずいてしまっても、それを放置することなく丁寧に理解できるまで何度も指導をしてくれますから、苦手分野を徹底的に叩くことができるのです。

1コマの授業で、苦手である箇所ばかりを反復して行うということだって可能です。特に東大生講師であれば、その教科に特化した知識を持っているため、色々な考え方、教え方も把握しており、本人にとって効果的な指導方法で、苦手分野を克服させる力を持っています。苦手な教科を徹底的に学びたいのであれば、自分のペースでできる個人指導塾がベストであると言えます。