参考書の選び方

書店に出向くと、驚くほど多くの参考書が並んでいます。同じ教科でも何種類もの参考書があったり、場合によっては教科の中でもひとつの分野に特化した参考書が存在したりもしています。学校の教科書や問題集だけでは足りず、中学受験などに向けて参考書を買い足すという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、たくさんの参考書の中からどの参考書を選ぶのかということは、非常に重要なポイントです。では、どのように参考書を選んでいけばいいのでしょうか。
書店で参考書を眺めていると、あれもこれも…となってしまいがちですが、1〜2冊あれば充分です。自分の学力に合ったものを選ぶのがポイントで、難しすぎるのも学力向上の妨げになりますし、簡単すぎるのも時間の無駄になりかねません。そのため、自分の学力よりも少し上くらいのものを選ぶのがベストであると言われています。

個人指導塾で指導をする東大生講師は、このような参考書選びにも特化しています。というのも、自分自身がこれまでの受験や学生生活の中で、何度も参考書選びの場面に遭遇し、どのような参考書選び、そして活用方法が良いのかということを良く知っているからです。また、個人指導塾で個別に生徒を指導しているからこそ、その生徒がどれくらいの学力であるのかということもよくわかっています。こうした点から、個人指導塾の東大生講師は、参考書選びに関してもエキスパートであるということがわかります。