楽しみながら勉強

誰でもそうだと思いますが、楽しいと思えることに対しては、積極的に取り組むことができたり、集中して取り組むことができるものです。それは勉強でも同様で、いかに楽しみながら勉強をするかということが、モチベーション維持や成績アップのためには非常に重要なポイントとなっています。実際、東大生の多くは勉強することが好きで、勉強を楽しみながら行っているという方がたくさんいます。では、具体的にはどのような楽しみ方をしているのでしょうか。

楽しいと思えるポイントは人によって様々です。ここでは、個人指導塾の東大生講師が、生徒たちにどのようにして勉強の楽しみを見出しているのかというポイントの一部をご紹介しましょう。目に見える達成感があると、「もっと頑張ろう」などと思えるようになります。こうした達成感を感じることが、勉強を楽しいと思うためには非常に大切なことなのです。勉強は、テストの点数などで、達成感などを感じることが多いですが、それだけでなく、もっと最初は細かなポイントで達成感を感じていくことが大切です。たとえば、「昨日はこの問題が解けなかったけど、今日は解けた」とか、「漢字を2つ覚えることができた」など、小さなステップで良いので自分の成長を感じることが大切です。東大生の個人指導塾講師は、こうした細かな成長を見つけたり感じさせることがとても上手で、生徒のモチベーションを高くしていくことができます。それは、実際に自分がそのような形で勉強の楽しさを見出していったという経験を持っているからこそなのです。