自分に合った勉強方法

勉強方法というのは実に様々です。書籍などでも様々な勉強方法やテクニックが紹介されていますが、それが果てして自分にマッチするかというと、一概にそうとは言い切れません。ある子にはピッタリであった勉強方法も、違う子には全く効果が無いということも当然あるわけです。
東大生は、自分にはどのような勉強方法が合っているのかということをよくわかっています。そして、それを見つけるまでに様々な勉強方法を模索してきていることでしょう。様々な勉強方法を実践し、理解しているのです。東大生の個人指導塾講師は、こうした自分の経験を上手く活かして、生徒たちに指導していってくれます。

たとえば、参考書はどのように活用すればいいのか、時間をどうやって配分していけばいいのか、どのように暗記をしていけばいいのか、勉強に役立つツールは何なのか…などということを、自分の経験を元に提案してくれるのです。ただわからないところを教えるだけでない、内側まで切り込んだきめ細かい指導が、東大生講師だからこそ行うことができるのです。自分にどのような勉強方法が合っているのかということがわかれば、たとえその塾を辞めてしまったとしても、受験が終わったとしても、その後ずっと生きていきます。東大生講師がいる個人指導塾は、その時だけでなく、その後まで生きる指導をしてくれるのです。