東大生は天才じゃない

東大生というと、昔から天才であったとか、元々の頭のデキが違うのだ…と思われている方も少なくないのではないでしょうか。もちろん、そういった方も中にはいるかもしれませんが、東大生の大半は、どこにでもいるような普通の子どもであったということが少なくありません。中学受験の頃から東大を見据えていたという方もいれば、高校に入ってから東大を意識するようになったという方もいます。そのため、誰もが東大生になることができるチャンスを持っているということになります。

東大生が、東大に入学することができたのは、決して天才であったからではなく、自分に合った勉強方法を見つけ、自分に合ったモチベーション維持方法を見つけたからです。つまり、東大生が身につけた、自分に合った勉強方法の見つけ方や、モチベーション維持方法を伝授してもらうことができれば、成績アップや自分の入りたい学校への入学が叶う可能性が高くなるということになります。
しかし、身近に東大生がいるかというと、なかなかそういった状況にいるという方は少ないです。しかし個別指導塾であれば、東大生の中でも特別指導力に優れた講師に勉強だけでなく、前述したような勉強方法やモチベーション維持方法などを学ぶことができるようになるのです。東大生の講師というのは、ただ知識が豊富だというだけではないのです。