東大生の持つ情報量

勉強を教えるためには、教える人に多くの知識が無くてはなりません。特に講師という立場である場合、やはり豊富な知識量があるということは非常に有利に働きます。しかし、良い講師には、勉強に関する知識の他にも大切なことがあります。それが、自身が体験した受験経験や学校生活に関する知識や情報です。どういうことなのでしょうか。

生徒のモチベーションを上げるためには、やはり勉強を頑張った後に待っている未来を想像させる必要があります。それが、具体的であればあるほどモチベーションアップには効果的になります。色々な講師の中でも、東大生は、難関の中学受験や高校受験を経験し、様々な学校情報を知っているということが多いです。東大に入ってからの楽しみや、その後にどのような将来が待っているのかということを具体的に知っているため、生徒はそういった明るい将来を身近に感じることができるのです。あの学校はどれくらいの学力が必要であるのかということや、校風はどのような感じなのかという、これから迎える受験に直接役立つ情報もたくさん持っています。このように、東大生講師は、受験を迎える生徒にとって非常に嬉しい情報をたくさん持っているのです。