東大生の勉強計画

テスト対策や受験対策などで、勉強の計画を立てるとき、計画は立派に立てることはできるものの、計画倒れで終わってしまったり、結局途中で計画が崩れてしまうという方も少なくないのではないでしょうか。それは、計画そのものの立て方に問題があるからです。「苦手な科目はたくさん勉強しなくては」と思って、苦手科目を中心に勉強計画を立てたり、「学校から帰ったら5時間は勉強する」といった無謀な計画を立てたりしても、結局その計画にストレスや疲労を感じてしまい、計画通りにできなくて終わってしまうことになります。一度計画が上手くいかないと、その後の計画も結局嫌になってしまって、計画が崩れてしまいます。ですから、勉強の計画を立てるときは、疲れていてもこなすことができるような、ストレスを感じない計画立てをする必要があるのです。

東大生は、こうした勉強計画の立て方が非常に上手です。東大に合格、もしくは進級や卒業するためには、たくさんの科目を勉強していく必要があります。その中で、限られた時間内でどれほど効率良く勉強をこなしていくのかということが非常に大切なのです。そんな東大生から勉強計画の立て方を伝授してもらうことができるのが、東大生が在籍する個人指導塾です。個人指導塾は、生徒1人1人に密着したきめ細やかな指導をしてくれるため、担当講師がその生徒に合った勉強計画の立て方を直接指導してくれます。勉強計画の立て方を身につけることができれば、その後の学生生活で役立つことはもちろん、社会に出てからも効率よく仕事をこなしていくための計画を立てることができるようになり、一生涯役に立ちますよ。