東大生在籍の意味

個人指導塾には、「東大生講師」という言葉を宣伝に使用しているところが多くあります。これは、その個別指導塾に入ることで、現役東大生のアルバイトや、東大卒の講師から学ぶことができるということになります。利用者にとっては「東大」という肩書に、非常に安心感を感じることができ、個人指導塾を選ぶための決め手になるという方もいるかもしれませんね。では、個別指導塾に東大生がいるというのは、実際にはどのような意味があるのでしょうか。

東大は、言わずと知れた日本でも最高峰の大学になります。東大生たちは、入学するのはもちろん、在学中も進級・卒業するために非常に多くの勉強を重ね、膨大な知識を得ています。そういったたくさんの知識があるということは、やはり講師という立場になったときに非常に有利となります。豊富な知識があるのと無いのとでは、教え方にも大きな差が出てきます。また、東大生の勉強方法というのは、ただ多くの勉強時間を重ねるというだけではありません。自分に合った勉強方法を見出したり、様々な工夫を凝らしたりした上で、効率の良い勉強方法を行っているのです。東大生の講師は、勉強だけでなく、本人に合った勉強方法なども教えてくれます。
東大生がいる個人指導塾は、このようにたくさんのメリットがあるのです。