集団塾との違い

塾には大きく分けて、個別指導塾と集団塾とがあります。中でも個別指導塾は、きめ細やかな指導を受けることができるということで注目を浴びています。そんな個別指導塾ですが、集団塾とどのような違いがあるのでしょうか。
まず集団塾は、決められた授業やカリキュラムをこなしていくようになっています。しかし、個別指導塾はその生徒の習熟度に合わせて授業を進めていきます。オーダーメイド形式で、苦手分野だけ徹底的に行うということもできます。次に、集団塾は他の周囲の生徒と一緒になって授業ができる分、競争心をあおりながら勉強をすることができます。一方で個別指導塾は、他の生徒の進捗状況に左右されない分、焦りを感じたりプレッシャーを感じたりせずに済みます。

このように、集団塾は授業内容も精神面でも、自分のペースで勉強を進めていくことができるのが特徴です。
ただし、個別指導塾は生徒1人あたりに対して講師がつきっきりで指導をする分、月謝が高くなってきます。そのため、全教科ではなく苦手な教科だけを受講するという方が多いようです。そういった面で、大勢の生徒を一度に相手をする集団塾は、月謝が割安になっているという傾向があります。もちろん個別指導塾の中にも安価なところはありますが、その場合は巡回型の指導塾で、実際には完全につきっきりではないことが多いため、事前にチェックしておく必要があります。