東大生と個別指導塾

2016年に浅野中学合格を目指して理科の勉強をしている子どもの成績が上手く伸びていかない、子どもが勉強に対してやる気がない、子どもが勉強嫌いで困っている。子どもの成績や勉強に対して不安を抱いている親御さんは、少なくないでしょう。特に中学受験を考えているというご家庭では、何とか勉強に対してのモチベーションを上げていきたいと切実に思われていることでしょう。

子どもの成績を伸ばしていくための方法として、塾に通わせる、家庭教師を呼ぶ、などといった様々な方法があります。しかし、なかなかどれも効果が出てこず、更に悩みの種になっているという親御さんも多いようです。そんな中で最近注目されているのが中学受験の個別指導塾の存在です。中でも東大生がいる個別指導塾が非常に人気があり、また実際に子どもの成績が上がったというだけでなく、勉強に対するモチベーションアップや、なんと生活リズムまでも整ってきたという話もあります。

なぜ東大生が必要であるのか

ただの個別指導塾ではなく、東大生がいるということは、それだけで違った意味があります。東大に入学した、もしくは東大を卒業したという学生は、その他の学生とは異なります。最難関の大学を突破するために、ただ勉強をするだけでなく、生活の中でも様々な工夫をしたり、考え方を変えたりしてきているのです。東大生がいる個別指導塾は、そんな東大生が持っている勉強に対する工夫や考え方、そして日常生活や学校生活の過ごし方までも伝授してくれるのです。そのため、ただ成績が上がるのではなく、中学受験など大事な時期を乗り切った後にも生きていくような指導がなされているのです。

ここでは、個別指導塾になぜ東大生が必要であるのかということ、そして東大生がどんなことを教えてくれるのかということをご紹介しましょう。